にきび肌の原因はアクネ菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

にきび肌の原因は、アクネ菌と呼ばれる菌が毛穴に詰まった老廃物や皮脂を栄養分に増殖していく事です。赤く腫れてしまったり、かゆいような痛いようなにきびに、炎症を増殖した場所が起こすことでなってしまいます。肌に出来てしまった本人にとっては深刻に悩んでしまう事も少なくないようで、にきびは青春の証などと言われていますが、そうも言っていられません。にきび肌と呼ばれるのがにきびが出来やすい肌で、にきびは顔に一番出やすいようですが、肌トラブルの一種なので頭皮や背中などもできるようです。白い膿を一度にきびが出来てから指でつぶしてしまったりすると、跡が残ったり繰り返し出来てしまったりと厄介な皮膚病だといえます。十代ににきびが多いのは、皮脂がホルモンの関係で非常にたくさん分泌される事や新陳代謝が良いことが要因だといえます。老廃物が出やすい環境にあるので、肌の表面はにきびが出来やすくなっているのです。触りやすい場所にある為ににぎびが顔に出来てしまうと、にきびをつぶして膿を出してしまったり、汚れた手で触ったりする人がいるようです。早く治るような気が膿を出した方がするかもしれませんが、にきびをかえって悪化させてしまう事があるようです。肌ににきびができたときには、不用意ににきびはつぶさないように気をつけましょう。にきび用の薬を塗ったり、場合によっては皮膚科に行って適切な処置をしてもらうことも、にきびが出来てしまった場合には重要なことです。にきびの出来た肌には、むやみに触ってひどくならない様に正しい知識と普段からのスキンケアが重要だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)