美容

にきび跡のクレーターが変化してしまった場合の対処方法

お肌の悩みは人によって色々ですが、にきびに悩まされている人も大勢います。にきびの種類に大人にきびがありますが、にきびの悩みの一つに、にきび跡が残ることがあります。皮膚がクレーター状にくぼんだり、シミや色素沈着が残ることがあります。シミのような皮膚の表面にできるにきび跡は、皮膚の新陳代謝によって自然に解消されることもあります。症状の重いにきび跡の場合、すぐには治らないこともあります。クレーターとして残っていると、肌細胞が入れ替わったくらいでは治りません。皮膚の深いところまで及んでいるクレーターが自然に治癒することは、期待することは出来ません。クレーターにまでなるか、シミ程度で済むのかを、にきびの時点で見極めることは困難です。当初はシミだと判断されていたにきび跡が、お肌のターンオーバーが進んだ時にクレーターになることがあります。たかかにきびとあなどらずに、にきび跡の解消が独力でできなさそうだと思ったら、皮膚科で治療をしてもらうほうが安心できます。にきびを予防するためには、不規則なストレスの多い生活習慣は禁物です。健康に悪い食生活は、肌のためにもよくありません。コラーゲンやビタミンを摂取し、毎日ぐっすり眠る習慣をつけるといいでしょう。にきびを防ぐために必要なのは、生活習慣の見直しと洗顔方法の改善、さらに皮膚に適した化粧品の選択などがあります。

-美容

Copyright© 速効−5キロダイエット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.