しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

しわやたるみのないお肌になるためには、普段の正しいスキンケアが効果的です。マッサージをしてお肌の代謝を活発にしたり、食事内容を工夫して肌にいいものを摂ることも、しみやたるみ対策としては有効です。紫外線から肌を守ることも、肌の老化を防ぐためには大事ですから、オールシーズン実践してみてください。かつては、適度な日焼けは健康にもいいと言われていましたが、最近では紫外線は肌にとってよくないものです。強い紫外線を受けた肌は細胞が破壊されて、肌を傷めてしまうので、避けたほうがいいといいます。肌の乾燥やしみ、くすみ、たるみなどのトラブルは、紫外線による肌の光老化が関係しています。紫外線による肌の乾燥をガードするためには、日々の洗顔と保湿ケアで、皮膚の失われた水分を補うことが肝心になります。クレンジングの際に、化粧汚れを落とそうとして強くこすると皮膚を痛めますので、クレンジング剤を皮膚の上に塗り広げます。洗顔時は、きめ細かい泡をたっぷりつくって、泡を顔の上に乗せて汚れを浮き上がらせる感覚で洗い落としていきましょう。すすぐ時にはぬるま湯を使うことも大事なことです。熱い湯を使うと、皮膚に留めておくべき油分まで湯に溶け出してしまうからです。洗顔が終わったら、皮膚がまだ湿っているうちに化粧水をふんだんに使って皮膚に浸透させ、乳液でフタをします。保湿を十分に行うことで、紫外線を浴びた肌の乾燥を阻止し、しわやたるみのないハリのある肌をキープすることができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)