乾燥肌を改善する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スキンケアを見直すことが乾燥肌対策重要ですが、他の方法でも乾燥肌の改善は期待できます。スキンケアは肌を外側からケアする方法ですが、食事を見直すことによって肌のコンディションを内側から作り替えるというものもあります。素を使った自宅でできるコラーゲン鍋などです。ビタミンAは皮膚粘膜を健康にする効果が期待されています。レバー、うなぎ、にんじんなどがビタミンAを含む食材となります。ビタミンB2も細胞の再生、成長を促進、皮膚の新陳代謝に必要な栄養成分です。代表的な食品はレバー、卵、いわし、うなぎ、サバ、牛乳です。健康的なお肌の維持にはビタミンB6も重要です。抗皮膚炎因子の一つで、アレルギー緩和などにも使われます。まぐろや酒粕、レバーなどに多く含まれている成分です。老化の原因物質である過酸化脂質を減らすには、ビタミンEの摂取がいいでしょう。ビタミンEの摂取は、ビタミンAやビタミンCと組み合わせると相乗効果が高まり、血流が促進され肌の若々しさが維持できます。煎茶、アーモンド、ヘーゼルナッツに多く含まれます。ビタミンCは乾燥に効くということはありませんが、乾燥肌を防ぐために必要な肌のコラーゲンの生成を促します。コラーゲンとビタミンCは併用が勧められており、キウイやモロヘイヤ、ピーマン、レモンなどに多く含まれています。効率良く栄養成分を補充したい場合は、サプリメントを使うという方法もあります。乾燥肌の対策にはスキンケアも大事ですが、何を食べてどんな成分を体内に取り入れるかという点も無視できません。近年は様々なサプリメント商品が販売されており、乾燥肌を改善するための成分を集めたサプリメントも販売されています。手軽に必要な成分を摂取することができるという仕組みです。サプリメントにたより過ぎると、有効成分を過剰に摂取してしまうこともあります。スキンケアや食べ物で取れないものをサプリメントで補うという方法が、乾燥肌を改善していくよりよい方法といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)