脂肪細胞を減らして太りやすい体質を改善する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脂肪細胞は大別すると、白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞とが存在います。人体で消費するエネルギーを蓄えているものが、白色脂肪細胞に相当します。褐色脂肪細胞のほうは、エネルギーを燃やして消費する時に使われており、代謝と関係しています。人間の身体は、太りやすい人と、痩せやすい人とがありますが、太りやすさに関係しているものが白色脂肪細胞です。脂肪細胞の特徴として、一度増加してしまったら、その後、体重を減らしても細胞数を減らせないというものがあります。人生の中で一定の期間、体重増加に伴って脂肪細胞が多くなることがあります。脂肪細胞の個数を少なくすることはできない一方で、増える可能性はあることが、脂肪細胞の怖いところです。ダイエットなどで体重を減らし、体脂肪を少なくすると、脂肪細胞が小さくなります。数は変わりませんが、脂肪を減らすことはできるのです。適度な有酸素運動をして体脂肪の燃焼を促し、体内に蓄積されていた脂肪を燃やしてしまえば、脂肪細胞は縮んでいきます。落とした体重をキープするには、脂肪細胞を小さいままにしておくことがポイントになります。普段から規則正しい生活を送り、間食はできるだけ我慢して体にいい食事を摂り、運動を習慣づけることで体質は改善できます。脂肪細胞がたくさんあるために太りやすいという人も少なくないですが、生活習慣や食習慣に配慮することで、ウエイトコントロールが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)