リバウンドの仕組みと予防方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ダイエットによって体重が減ったにも関らず、ダイエットする前の体重に逆戻りしてしまうことがあります。ダイエットを終了したら、体重がダイエット前のものになったしまったとか、以前より太ってしまったという人もいます。ダイエットをしたのに、一度は痩せた体重が増えてしまう現象をリバウンドといい、決して珍しい話ではありません。大抵の人が、ダイエットの後はリバウンドしやすい体になっていますので、ダイエットの後にどんな生活をするかが重要になってきます。リバウンドによって、ダイエットの努力が無になってしまわないように、リバウンド対策をしておきましょう。体重を減らすためにと、食べる量を少なくしていると、人間の体は非常事態が発生したと認識し、新陳代謝を低下させます。体の代謝が落ちていると、同じ生活をしていても、消費されるカロリーが少なくなっています。非常事態だと思っている体をそのままにして、ダイエット前のカロリー摂取量にすると、使い切れない余剰のカロリーが出ます。食べている量はダイエット前と同じでも、代謝が下がっていれば余るカロリーの量は増えますので、使わなかったカロリーを脂肪にしやすくなります。リバウンドしないようにダイエットをしたい場合は、食事量を減らすだけでなく、運動をしながらのダイエットをしましょう。運動不足を解消しないでダイエットを続けていると、全身の筋肉が衰えて、代謝の低い体になってしまいます。ダイエット後にもリバウンドが起きないようにするには、運動を続けて筋肉を増やし、基礎代謝の高い体のままでいられるようにしておくことが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)