ごろ寝の体操で引き締め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、様々なダイエット方法がありますが、その中の一つにごろ寝体操で体を引き締めるというものがあります。股関節や骨盤の歪みをごろ寝体操で整えることで、血の流れがよくなり、脂肪が代謝しやすくなるという方法です。腹筋周りの筋肉が強くなるため、内臓が適切なポジションにおさまり、胃の容量が定められることで食欲がある程度でおさまります。1日2回、起床時と就寝時に行うことで無理なく自然に痩せることができます。体内に蓄積されている脂肪を燃やし、筋肉をつけて代謝を上げることで、ただの減量ではない健康増進効果もあります。ダイエットに限らず、肩こりや頭痛、腰痛などにも効果があり、体調が良くなるのもメリットです。毎朝と毎晩、それぞれごろ寝体操を行うことで、引き締めダイエットになります。とても覚えやすいことも、ごろ寝体操の利点です。足を肩幅に広げてあお向けになり、右足を10㎝床から浮かせます。床と平行になるように足首を上げて、1秒カウントして元に戻します。自分に向くように足首をそらして、右7回、左7回持ち上げればごろ寝体操は終了です。もうひとつは足上げ体操です。仰向けに寝て足を肩幅に開き、右足を斜め上にできるだけ高く上げ1秒止めます。自分でできるぎりぎりまで足を高くします。どんな人でも気軽に取り組むことのできる、ごろ寝体操で全身を引き締め健康的なダイエットをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)