禁煙で眠気?セロトニンの分泌量を正しくコントロール

禁煙を健康や煙草代の高額さによって行う人が多くいます。
確かに禁煙をすれば健康になれるのですが、その陰には「禁煙うつ」という症状も存在しているのです。

禁煙うつとは、禁煙を数日~数週間続けた後に出てくるイライラや集中力のなさ、気力がなくなる、不安になるなどの症状のことを言います。
ひどい人になると睡眠障害まで起こしてしまうと言われているほどのものです。
これは今まで脳内に入ってきたニコチンが入ってこなくなったことで、今までニコチンが脳内の受容体と結合することで放出されていたアドレナリンが放出されなくなります。
煙草を吸わない人はニコチンではなくアセチルコリンという神経伝達物質が働いているのですが、ニコチンとアセチルコリンはよく似た構造をしています。
そのため、たびたび脳内に入ってくるニコチンがアセチルコリンの代わりに働き出してしまうため、アセチルコリンの働きが弱くなってしまいます。
そこに禁煙をしてニコチンが入ってこなくなってしまうとアセチルコリンが上手く働いてくれないため、イライラや不安などの症状が出てきてしまうと言われています。
また、ニコチンは体内でのセロトニンの分泌量を減らしてしまいます。
幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンが減るとネガティブになってしまったり、うつのような症状になることもあります。
また、セロトニンは眠気を催すメラトニンの分泌にも深くかかわっているため、セロトニン不足はメラトニンの不足にも繋がり、はなかなか寝付けない、そもそも眠ることが出来ない、昼間は眠気があるのに夜に全く眠れないなどの睡眠障害の原因となってしまうのです。

これらの症状は、長年煙草を吸い続けてきた人が急に煙草をすっぱりとやめてしまうと出てくることが多いと言われています。